きれいな塗装・強い塗装 アーバンクラフト静岡のブログ

株式会社アーバンクラフト静岡の各種改修工事例を元に分かりやすく解説しております。

遮断熱塗料 キルコート 株式会社アーバンクラフト静岡

キルコートの塗装は実績豊富な私共株式会社アーバンクラフト静岡にお任せください。

責任施工、安心のアフターサービスでお応え致しますいたします。

 

キルコートは優れた遮断熱性能に加え驚異的な塗膜伸縮機能を備えた遮断熱塗料の最高峰です。

塗膜伸縮は200以上で他の追随を許しません。

今や超高耐久として抜群の知名度を獲得しています。

塗膜の厚さはトップコートまで0.4mmで通常塗料の数倍から10倍以上です。

特出した塗膜厚と驚異的な塗膜伸縮機能が地震や乾燥などから長期にわたり塗膜表面にクラックを生じさせないという特徴があります。

クラックが生じないと言うことはそこからの水の侵入がありません。

今やフッ素など、硬い塗料から弾力のある塗料に移行しています。

また、キルコートで塗装することによりその遮断熱性能により夏冬の冷暖房費の節約になります。

地球温暖化防止にも一役買っています。

この性能は15年後も失われることなく機能します。

 

 

 

 

目地やクラックの改修後ケレンというこする作業を経て

いよいよ塗装に入っていきます。

新築塗装がきれいな新品の材料に化粧するのに対しリフォーム塗装は

防水を高めたり壁の強度を復活させたりと非常に難儀な工程を踏んでいきます。

外壁は新築から数年すれば防水が弱くなり雨水を吸ったり吐いたりするようになります。

膨張と伸縮を繰り返して壁は弱っていきます。

強度が劣化した壁を塗装する場合、注意するのは下塗りの塗料です。

通常の下塗り材、いわゆるシーラーは上塗り塗料の乗りをよくするために使われます。

しかし強度が劣化した壁に対しては強度を復活させる、あるいはヘアクラックに浸透し

コーキング効果を持たせるなど機能性のあるものを用いて施工します。

浸透シーラーと呼ばれるものは弱くなった壁に文字通り浸透して行って内部で固く固まります。

こうすることで壁の強度が復活します。

その上から本塗料を重ね塗りして行きますがシリコン塗料などの微弾性の物が上塗りになるようにしてあげます。

これにより地震などの揺れによるひび割れが起きにくくなり長期に渡り防水と美観を保つことができるのです。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// キルコート純正塗装・総合リフォーム 当初からキルコート普及に努め、

施工実績地域ナンバー1 株式会社アーバンクラフト静岡 静岡市駿河区下川原5-33-25 SBSマイホームセンター前 054-256-7222 ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////