読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーバンクラフト静岡のブログ

株式会社アーバンクラフト静岡の各種改修工事例を元に分かりやすく解説しております。

外壁材の強度復活は必須項目 株式会社アーバンクラフト静岡

目地やクラックの改修後ケレンというこする作業を経て

いよいよ塗装に入っていきます。

新築塗装がきれいな新品の材料に化粧するのに対しリフォーム塗装は

防水を高めたり壁の強度を復活させたりと非常に難儀な工程を踏んでいきます。

外壁は新築から数年すれば防水が弱くなり雨水を吸ったり吐いたりするようになりま

す。

膨張と伸縮を繰り返して壁は弱っていきます。

強度が劣化した壁を塗装する場合、注意するのは下塗りの塗料です。

通常の下塗り材、いわゆるシーラーは上塗り塗料の乗りをよくするために使われます。

しかし強度が劣化した壁に対しては強度を復活させる、あるいはヘアクラックに浸透し

コーキング効果を持たせるなど機能性のあるものを用いて施工します。

浸透シーラーと呼ばれるものは弱くなった壁に文字通り浸透して行って内部で固く固ま

ります。

こうすることで壁の強度が復活します。

その上から本塗料を重ね塗りして行きますがシリコン塗料などの微弾性の物が上塗りに

なるようにしてあげます。

これにより地震などの揺れによるひび割れが起きにくくなり長期に渡り防水と美観を保

つことができるのです。

f:id:urbancraft:20150621154149j:plain